TOPに戻る
サイトマップ
カゴの中身を確認
| エアコン | 基本的な構造 | クリーンエアフィルター | 清掃パック | Home |
Line up Menu

エアコン
クリーンエアフィルターの定期交換、修理、メンテ、クリーニング

御注文/御見積フォーム

エンジンスタータ
指定店専用モデル
ユピテル/DCL80ES
LED ルームランプ
高輝度、長寿命、省電力!
NAVI
各メーカー取扱。商品持ち込み(中古可)の取付もOK
TV-KIT
走行中、テレビ映りますか?
ETC
各メーカー取扱。商品持ち込み取付、セットアップのみもOK
・取付工賃
・セットアップ費用
・ETCを使えないガラス
・ETC使用手続き
アースチューン
・目的別セッティングガイド
・取付のワンポイント

一般的なエアコントラブル

1.ガス漏れ
2.ガスの詰まり
3.オーバーチャージ(冷媒過多)
4.放熱不良(コンデンサ)
5.コンプレッサー不良


------------------------------------

1.ガス漏れ
【症状】 冷えない、冷えが悪い(風は出る)
【原因】 冷媒ガス量が少ない→サイクルのどこかでガスが漏れている
【ポイント】 サイトグラスを目視で確認して、白く濁るように気泡が流れていればガス量が足りない。(正常であれば透明、しかし空でも透明)
ガス漏れ箇所の特定・・・コンプレッサー、コンデンサ、エバポレータ等が比較的多いが、配管類や各部のOリング、パッキン類も確認。
* ガス漏れと同時にオイルも漏れ、コンプレッサーの潤滑不良を招きます。

2.ガスの詰まり
【症状】 完全に詰まれば全く冷えない、詰まり気味の場合は使い初めの何分かは冷えるが徐々に効かなくなる。
【原因】 サイクル内部品の詰まり、(まれに)事故等による配管のつぶれ
【ポイント】 このトラブルが多いのは、レシーバタンク(サイクル内のフィルター)、エキスパンションバルブ(膨張弁)で、他には一部車両に装着されるプレッシャーバルブ(エバポレータの凍結防止)である。ゴミなどの異物やコンプレッサー内部の潤滑不良による金属粉などが詰まるとガスの循環が妨げられ、冷えなくなる。部位や程度により清掃か部品交換で対処。
* 原因が金属粉の場合はコンプレッサー要注意

3.オーバーチャージ(冷媒過多)
4.放熱不良(コンデンサ)

【症状】 コンプレッサー(マグネットクラッチ)がカチカチとON/OFFを繰り返す。
【原因】 圧力スイッチ(異常な高圧からの保護回路)がはたらきコンプレッサーをOFFにする。
【原因・1】 オーバーチャージ:冷媒ガス量が適正値を超えている。
【原因・2】 コンデンサの冷却不足:電動ファン、カップリングファン、ラジエータ等の不具合によりコンデンサ本体の冷却が不十分
* 圧力スイッチで対応しきれなくなるとリリーフバルブからガスを放出してしまいます。
* VSVバルブ(アイドルアップを制御)不良が原因のケースもあります。
【ポイント】 ガス量は適正か?、コンデンサのフィンに目詰まりはないか?

5.コンプレッサー不良
【症状】 コンプレッサー、マグネットクラッチから異音がする、エアコンを入れるとエンジンが止まる等。
【原因・1】 マグネットクラッチの不良:ベアリングの摩耗等
【原因・2】 コンプレッサーの不良:コンプレッサー本体またはサイクル内のガス漏れと同時に起こるオイル漏れによる潤滑不良
【ポイント】 異音は重大トラブルの前兆。最終的にはコンプレッサーの焼き付き(ロック)に至り、多額の修理費がかかります。



参考
レトロフィット、マグネットクラッチの故障(共立電機)
オーバーチャージの危険性(安田電機)
車種別ケーススタディ(和泉電装)
エキスパンションバルブとレシーバの交換(和泉電装/エアコンクリーニング)


 IE5.5〜/Copyright(C)2002 YACHIYODENKI.LTD All Rights Reserved / Powered by Craft  HOME  Mail